2018年10月19日金曜日

収集癖

 いつの間にやら、外に出るとふんわりと香って癒しをくれた金木犀の香りもどこかへ行ってしまい、急に寒いと感じるようになってきましたね。季節の変わり目ですが、皆さん風邪などひいていませんか?ホットコーヒーがより一層美味しいと感じる季節の到来です。コーヒー屋としては、よっ!待ってました!!という季節です。

 さて、コーヒーを飲むのに必要なのはもちろん美味しいコーヒー豆ですが、コーヒーを飲む器も大事だと思うのです。ソーサー付きの上品なカップだったり、取っ手のないカフェオレボウルだったり、たっぷり飲めるマグカップだったり、沢山あります。皆さんはどんな器でコーヒーを飲んでいますか?私は家ではコーヒーをたっぷり飲みたい派なので、沢山入るマグカップ派です。そしてマグカップはつい集めたくなってしまうアイテムのひとつです。昔から収集癖があり、今まで、レターセットやポストカードなどの紙モノだったり、ブローチだったり、自分の好きな山やコーヒーモチーフのアイテムなど、つい集めたくなってしまう性分なのです。というわけで、マグカップ集合!と、写真を撮ったのですが、最近引っ越したので、そのときに普段よく使うものだけに絞って出さずにしまってあるものもあるので、うちの選抜マグベスト4です。


 もちろんカフェテナンゴ10周年記念マグカップもランクインです。10周年記念マグは、フォルムと色味がとても柔らかく、特に飲み口が口にフィットするのでとても飲みやすいと感じています。あとは、満水時270mlで8分目程淹れたとしてもたっぷり飲めるので、デザイン、容量ともに大満足のマグです。

 因みに、一番右が山好きには堪らないマグで、その名も“NIHON ALPS MUG”!中を覗くとご覧の通り、北アルプスの稜線が描かれております。飲む度に大好きな山に思いを馳せられるとても素敵なマグです。

 
 カフェテナンゴのコーヒーを飲んでくださっているお客様方の支えのおかげで、カフェテナンゴは10月25日で10周年を迎えます。いつも本当にありがとうございます。この伝えきれない感謝の気持ちは、これからもより一層美味しいコーヒーを追求し、お届けすることで伝えていけたらと思います。これからもぜひ、カフェテナンゴをどうぞよろしくお願い致します☕️
 10月はぜひ、カフェテナンゴ10周年記念マグと、数量限定10th Anniversary Blendドリップバッグで一緒にお祝いしましょう!


つい、集めてしまうもの 〜その2〜

大好きなコーヒー、山モチーフのブローチ、ピンバッジたち。


つい、集めてしまうもの 〜その3〜

地酒ワンカップたち。(実際はこの3倍くらい所持しています。)
私はお酒に弱いので、中身は夫へ。
条件は、はがれるラベルシールのものではなく、
カップに直接プリントされているものです。
これまた特に、山のデザインたちがお気に入り。

石橋の収集癖は、まだまだつづく。。。



2018年10月5日金曜日

今年はジャ・パン!?

 先週はコーヒー業界で年に一度の一大イベントのSCAJと、青山国連前でのTOKYO COFFEE FESTIVALの2つのコーヒーイベントを終え、一息つく間もなく、今週末10/7(日)、8(月祝)は世田谷パン祭りがやって来ます!


 
 今でこそ彼方此方で見かけるパンイベントも、今年で8回目を迎える世田谷パン祭りがそのパンブームの火付け役、走りではないでしょうか。それも歴史を遡れば、あんぱん、メロンパン、コッペパン、食パンと、パン食が定着してお米の国日本の主食のひとつにまでなり、パン大国へと成長を遂げてきたという長い歴史の中にあり、そんな日本のパンの過去と未来に思いを馳せ、こころゆくまで堪能しよう!というのが第8回目の世田谷パン祭りのテーマ、「ジャ・パン」の概要であります。
 今年も各地から集まるパン屋さんのパンに合わせて飲んでいただく、カフェテナンゴがお出しする特別な一杯は、「ロズマ」です。昨年空輸して販売していたあの「ロズマ」ですが、昨年の2月22日に収穫された「ロズマ222」ではなく、異なるロットのブルボン種&カツーラ種混合フリーウォッシュトの「ロズマ・パルティーダ4」です。マンゴーやミルクキャラメル、クローブなどの非常に豊かなフレーバーが凝縮されたとっておきのコーヒーです。ネットショップでも販売を開始しており、区画品種が異なる「ロズマ・パルティーダ1」とマラゴジペ種&パカマラ種混合の「ロズマラゴ」、この3種が購入可能になっております。
 また新たな台風が近づいておりますが、今週末のお天気を願って、皆様のパン祭りへのご来場をお待ちしております!コーヒー新学期突入、取って置きコーヒー第一弾の「ロズマ」、ぜひ飲みにいらしてくださいね。

TCFおまけ写真

 先日は台風が近づいている中、TOKYO COFFEE FESTIVALへ遊びに来てくださった方々、本当にありがとうございました!cafetenangoブースは運良く屋根のある場所で、尚且つ台風接近が遅れてなんだかんだで天気がもってくれたので、救われました。ただ、店主の栢沼に会いに来て下さった方々!店主不在で申し訳ありませんでした。ぜひ深沢店に会いに来てくださいませ!!
 お出ししたコスタリカ、ドン・マヨマイクロミル、ラ・ロマ農園ナチュラル精製もご好評をいただき、焙煎、抽出レシピ共に店主、スタッフ間で突き詰めて仕上げたものだったので、喜んで頂けた時は非常に嬉しかったです。ハニー精製のイメージが強く、ナチュラル精製はまだ珍しいコスタリカですが、ラ・ロマのナチュラルは非常に精度が高く、ナチュラル特有のドライフルーツや赤ワインのような発酵した赤い果実を連想させるフレーバーはもちろんのこと、それをとてもクリーンに感じられるとても質の高いナチュラル精製なので、私もとても気に入っています。TCFに飲みに来られなかった方、まだコスタリカ・ナチュラルを体験していない方はこの機会にネットショップをチェックしてみてくださいね! 



2018年9月21日金曜日

ブログタイトル変わりました!

 スタッフブログが増えたのでそれぞれが誰だか分かりやすいようにということで、ブログタイトルをつけることになったのですが、こういうの、どうも苦手です。ネーミングセンスが問われますね。なんだか「目指せ!ポケモンマスター」的な感じになりました。
 
 というのも、もうお気付きの方はいらっしゃると思いますが、コーヒーと同じくらい好きなものが山でして、登山に加えてここ1年半程は約週2ペースでボルダリングジムに通い、クライミングにもはまっております。ボルダリングを初めて1年程経った頃から、ようやく自分の中で登れる感覚がついてきて、1年半程経った今はまさに登ることに没頭中です。というわけで、先日のお休みもクライミングのメッカ、小川山というところへ行ってきました。秋晴れにも恵まれ、とても楽しく気持ちの良い登りができた1日でした。 
 
 というのが新ブログタイトルの由来となるのですが、コーヒーも最高の一杯を目指して、ということで、山登り、クライミングのように高みを目指していきたいと思います。目指せ!登れる焙煎士。コーヒークライマーです!!





2018年9月7日金曜日

ニュークロップ続々入荷中

 9月=秋=涼しい、という感覚なので、9月に入った瞬間涼しくなるものだと思っているのですが、今年はまだまだ夏の暑さを引きずっている東京です。ゲリラ豪雨、台風、地震となんだか心休まらない日々が続きますが、日本全国にただただ平穏な日々が訪れてほしいと願うばかりです。

 さて、店主のブログに加え、スタッフブログが3つにまで増えたため、今後ブログネタの取り合いが勃発しないかが不安です(笑)できるだけ話題が被らないようにしていきたいと思います。今日は、7月頃から続々と入荷し始めているのニュークロップを話題にしたいと思います。
 
 まず、「ニュークロップ」のクロップとは、農作物としての生豆のことを指し、コーヒーは収穫後の時間経過によって呼び方が変わります。

*ニュークロップ:当年度産のコーヒー(コーヒー年度の終盤には次年度産を指す)
*カレントクロップ:現在流通している当年度産のコーヒー
*パストクロップ:前年度産のコーヒー
*オールドクロップ:前年度より以前に獲れたコーヒー

 このように、収穫後の時間経過によって呼び分けがされているわけですが、ニュークロップもカレントクロップも当年度産のコーヒーとなっています。ニュークロップは新豆ということで、その年獲れたコーヒーが入荷し立ての2~3か月の一定の期間のみ使われます。その後呼び方がカレントクロップに変わりますが、変わったからと言って古い豆というわけではありません。
 コーヒーはもちろん農作物のため、ニュークロップは焙煎してもやはり若々しく、瑞々しいフレッシュな印象を受けます。水分値も入荷後時間が経ったものと比べると高いので、焙煎の仕方にも工夫が必要です。ニュークロップのテストローストは緊張しますが、その年の収穫がどのような出来なのかが分かる楽しみでもあります。
 ニュークロップは限られた期間ですので、その味わいを楽しめるのも一定の期間のみです。ニュークロップ時に飲んだコーヒーは次年度の収穫まで、味の経過の変化を見るという楽しみ方もできます。
 9月、10月と今後さらなるニュークロップが続々と入荷してきますので、ぜひ楽しみにしていてください。

イベント情報

 来る9/30(日)、TOKYO COFFEE FESTIVAL 2018 AUTUMN へのカフェテナンゴの初出店が決まりました!まもなく到着する新着豆をいち早くご用意出来ればと思っています。なお、カフェテナンゴの出店は9/30(日)のみとなりますので、ご注意くださいませ。皆様、お誘いあわせの上、ぜひカフェテナンゴのコーヒーを飲みにいらしてくださいね☕️お待ちしております!

おまけ
 焙煎機掃除が終わった瞬間、よいしょと身体を上げたらに思いっきり焙煎機の角に腰を強打しました。たまたまその瞬間を見ていた店主に、「俺も角にぶつけた時があって、そのあざが半年ぐらい消えなかった。」と言われました。焙煎機あるあるなのでしょうか。。。ずきずきが止まらないです。

2018年8月24日金曜日

天空のサイフォンコーヒー

 8/11(土)~8/16(木)まで夏休みをいただいていたカフェテナンゴですが、17(金)から通常運転に戻り、休みボケもやっと抜けてきました。

 私の夏休みはと言いますと、妹と二人で一泊二日の北アルプス縦走へ行ってまいりました。片道約8時間の道のりを経て目指したのは、北アルプス最奧部、黒部源流の稜線上に位置する三俣山荘という山小屋です。今回の山旅で私が最も楽しみにしていたことの一つは、天空のサイフォンコーヒーです。そう、三俣山荘にある展望食堂では、北を向けば黒部源頭の山並み、南を向けば槍・穂高連峰の絶景を一望しながらサイフォンコーヒーをいただけるのです。残念ながらこの日は天気が不安定で雲が多く、絶景とまではいきませんでしたが、天空のサイフォンコーヒーは歩き疲れた身体に染み渡り、最高の一杯となりました。しかしながら、ハイシーズンの山はやはり凄い人でした。2年前の山の日制定もあり、山人気の上昇を感じます。北アルプス最奧部といえど、山小屋は定員オーバーで、妹とは二人で一枚の布団を分けました(笑)良い思い出となったのでした。



三俣山荘と百名山の鷲羽岳。鷲が羽を広げた姿のようなかっこいい山容です。


注文が入ってから、一杯一杯丁寧に淹れてくれます。



本当はあの雲の先に槍・穂高連峰の絶景が。。。心の目で眺めました。


何を考えるでもなく、ただぼーっと山を眺める至福の時間です。
1〜2時間ぐらいでしょうか、ちょうど雲が切れ、
槍ヶ岳が顔を出し、思わず歓声が上がった瞬間です。



ぼくの夏休み的一枚。

 お休みをいただきとても良いリフレッシュができましたので、これからどんどんコーヒーが美味しく感じる季節に向けてまた頑張っていきたいと思います!



2018年8月10日金曜日

ベランダ菜園、育ちました。

 夏真っ盛り、前々前回ぐらいにご紹介した「ベランダ菜園、はじめました。」のうちの子達が夏の日差しでぐんぐんと成長し、遂に収穫の時期を迎えました。世田谷育ちの香味野菜たちが石橋家の食卓にアクセントを与えてくれます。夏になると香味野菜が食べたくなるのは何故なのでしょうかね。夏バテ防止に一役買ってくれていると嬉しいです。そして驚いたのがこの子たち、使う分をその都度収穫しているのですが、それでもまた次から次へと葉が出てくるのです。この夏は非常に助かっているのでした。
 
 夏といえば、夏休み。カフェテナンゴも夏休みをいただきます。明日8/11(土)〜8/16(木)の6日間です。夏季休業中もネットショップではご注文を承っておりますが、発送は8/17(金)からの発送となります。店頭、ネットショップ共にいつもご利用いただいているお客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。


思った以上に香りの強いパクチー。


ちょっと放ったらかしにすると、ぐんとでかくなる大葉。

          

バジルもとっても香りがいいです。

おまけ

夏休み感を感じました。大迫力で面白かったです。

2018年7月27日金曜日

AQUA SUGAR

 早いもので、7月もあっという間に最終週となってしまいました。全国各地で危険な暑さが続いていますね。外気温が自分の体温と同じかそれ以上だと、息をするのも苦しいくらいです。今年の夏の暑さには覚悟が必要そうですね。

 今日はそんな暑い季節にぴったりの商品をご紹介いたします。ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、その名も「AQUA SUGAR : 氷糖蜜」です。氷糖蜜とは、氷砂糖を作る過程で結晶化して氷砂糖にならずに、そのまま残った蜜状の糖液のことです。砂糖と水以外使用していないのですっきりとした上品な甘さとなり、アイスコーヒーやアイスティーなどのドリンクにはもちろんのこと、お料理やヨーグルト、デザートのアクセントになど、さまざまな使い方をお楽しみいただくことができます。その奥深く上品なあまさは、氷砂糖が作られる過程で熟成されることで生まれる味わいです。
 
カフェテナンゴでは自家製コーヒーゼリーにかけてお出ししております。氷糖蜜だけでのお試しもできますので、気になる方はぜひお声掛けくださいませ。COFFEE  WATERと合わせた贈り物にもおすすめです。ガムシロップとは違った、ワンランク上の糖蜜をこの夏の逸品に如何でしょうか。