2017年7月7日金曜日

出張コーヒー

 先日Cookpadさんのご依頼で、スペイン語版Cookpadの宣伝の中米交流会へコーヒーをサーブさせていただきに行って参りました。ホンジュラス大使館の方がcookpadさんと主催されるということで、ホンジュラスのセロ・アスール農園、ファイナルハーベストのフレンチローストでお淹れしたアイスコーヒーをウエルカムドリンクとして出させていただきました。ファイナルハーベストは深く煎ってもその独特なファイナルハーベストフレーバーが消えず、花のような香りがアイスにしても爽やかに感じられます。今回の交流会でもご好評いただくことができました。


  
 交流会では、生Cookpad実演があり、ホンジュラスの方がホンジュラスの郷土料理を説明しながら作っていました。日本在住の中米諸国の参加者の方々とスペイン語で和気藹々と盛り上がる様子は見ているだけでも楽しかったです。語学は話さないと本当に忘れてしまいますね。もうほとんど使っていないスペイン語は、言っていることは何となく分かりますが、話すのは語彙が全く出てこず、久しぶりに大学時代のノートを引っ張り出してこようかと思いました。。。逆に参加者の方々は日本語も上手で、私が生まれた年に日本に移ってきたという方もいらっしゃいました。





 完成した料理がこちら。↑Baleadas(バレアーダス)はとうもろこしの代わりに小麦粉を使って焼いたトルティーヤ生地にフリホーレスという豆をよく煮たものとお肉とチーズを乗せたもので、右に写っている白い飲み物が、米の絞り汁にハチミツや砂糖を加え、シナモンとライムをスライスした夏にピッタリ爽やかなHorchata(オルチャタ)です。スペインではキハマスゲという植物の茎から作られていると聞きましたが、同じスペイン語圏でも地域によって少し材料が違うようです。↓下のめちゃめちゃ甘そうなケーキは、3種類の乳製品、①牛乳、②練乳、③生クリームを使っためちゃめちゃ甘いケーキでした(笑)焼きあがった生地にその3種を混ぜた液体をフレンチトーストのように染み込ませていたのが印象的でした。世界の郷土料理には文化的違い、まさにカルチャーショックがあって、驚きますが本当に面白いですね。出張コーヒーサーブで行きましたが、とても楽しく参加させていただきました。


 今回お出ししたファイナルハーベスト、収穫から丸一年経ちましたがまだまだフレーバーは衰えません。在庫もまだありますので、この夏、フレンチローストをアイス用にするのはいかがでしょうか。おすすめですよ☕️

0 件のコメント:

コメントを投稿